私たちは働く人すべての味方です

賃金や有休、労働時間など、職場で困っている事、悩んでいる事があったらお気軽にご相談ください。賃金や労働時間、労働形態に関することから、退職、解雇など幅広い問題に対応しています。

「連合なんでも労働相談ダイヤル」は専門アドバイザーが相談窓口となり、働く仲間の皆さんをサポートしています。また、2021年秋よりAIによる労働相談チャットボット「ゆにボ」の運用を開始します。AIによるチャット式の労働相談は24時間ご利用いただけます。

労働相談チャットボット ゆにボ

連合なんでも労働相談ダイヤル

ひとりで解決できない問題も、労働組合なら力になれます。
どんな小さなことでも”働くこと”で困ったらお電話ください。

連合なんでも労働相談ダイヤル
0120-154-052
相談時間は月曜から金曜の10:00~17:00
(土・日・祝祭日・長期連休除く)

法律的アドバイス

相談内容によっては、法的な対処が必要な場合もあります。労働基準法を中心にしたポイントや、相談内容に応じて行政機関相談先などをご紹介し、問題解決を支援します。

働き方のアドバイス

相談内容の中には、相談者の努力や働き方の工夫によって問題の改善につながる場合もあります。相談者自らが出来ること、連合が支援できることをアドバイスします。

労働組合づくりのアドバイス

労働者が、経営者に思いや要求を伝えようとしても、一人では難しいもの。労働者には、労働三権(団結権、団体交渉権、団体行動権)が認められています。労働組合があれば、経営者と同じテーブルについて、話し合うことが可能になります。現場の問題や思いを経営者に伝えることは、会社にも大きなプラスになります。連合石川では、労働組合結成、結成後の運営についてもアドバイスをしています。

【労働相談をお寄せ頂く皆様へ】

個人情報保護法の理念に基づき、労働相談をお寄せいただいた皆様の個人情報について、以下の通り扱わせていただきますので、ご了解ください。

【労働相談個人情報取扱規程】

  1. 相談者等の個人情報(氏名、連絡先など)については、相談内容の解決のみを目的に利用します。
  2. 相談者等の個人情報のほか、相談内容などについては、具体的・専門的な見地からの助言・解決のみを目的に、相談対応者のほか、連合(および地方連合会、地域協議会)や連合の構成組織(および加盟組合)の相談担当者の間に限り共有する場合があります。
  3. 相談者等の個人情報について、法令に基づく場合および公的機関に通報する場合には、相談者本人の了承を得た場合のみ、連合外部の第三者に提供することがあります。
  4. 相談対応者は、相談者本人の了承を得た場合のみ、相談者等の個人情報を保有すること(個人所有携帯電話への登録など)とし、問題終了など相談関係がなくなったときは、速やかにそのすべてを抹消します。
  5. 相談者等の個人情報のほか、相談内容など、労働相談に関係する情報・資料については、団体交渉など業務上の必要がある場合を除き、事務局外部に持ち出すことはしません。
  6. 万が一、個人情報の流出・漏洩があった場合、速やかに下記3点の事後対策を担当者のみならず組織を挙げて実施します。
    ①流出・漏洩した個人情報の拡散防止流出
    ②漏洩した個人情報の原状回復に向けた努力
    ③流出・漏洩した個人情報の本人に対する事実通知